Technical Book

photoshop:ポラロイド風写真の作り方&加工テクニックを紹介

筆者 : Technical Book
更新日 : 2017 / 7 / 30

この記事ではポロライド風の写真の作り方とそのポロライド風の写真をバラバラに配置して、画像を映し出すというテクニックを紹介します。ポロライドというのは撮った写真をその場で写真が作成されるインスタントカメラと似たようなものです。画像を見るとわかるかと思いますので以下の記事をごらんください。

ポロライド写真の作り方

photoshop:ポラロイド風写真の作り方&加工テクニックを紹介

まずは簡単なポロライド写真の作り方について紹介していきます。もしポロライド写真をバラバラにするテクニックを知りたい方は「ポロライド風の作り方」は読んでから以下の「ポロライド写真をバラバラに」をお読みください。

素材紹介

まず、練習したい方用のために無料で使える写真素材を紹介します。「pixabay」さんの写真は高画質でとてもいい写真ばかりですのでオススメです。この記事でもその素材を使ってテクニックを紹介しています。以下のリンクに移動するとその素材が手に入るのでそちらからダウンロードをしてください。(ダウンロードするには聞かれたテキスト入力が必要です。)

ポロライド風の作り方

では早速ポロライド写真の作り方を紹介していきます。左のツールから「長方形ツール」を選択して以下のように四角形を作成します。

では早速ポロライド写真の作り方を紹介していきます。左のツールから「長方形ツール」を選択して以下のように四角形を作成します。

作成したら「command+J」を同時押しして複製します。

作成したら「command+J」を同時押しして複製します。

複製したら最初に作成した四角形を選択して四角形の色を白にしてあげます。カラーの変えた方は色々とありますが、レイヤーにある「レイヤーサムネイル」を「ダブルクリック」をするとカラー変更ができます。

複製したら最初に作成した四角形を選択して四角形の色を白にしてあげます。カラーの変えた方は色々とありますが、レイヤーにある「レイヤーサムネイル」を「ダブルクリック」をするとカラー変更ができます。

そしたら「command+T」を同時押しをして「command+alt」を押しながらサイズを以下のように変更させます。

そしたら「command+T」を同時押しをして「command+alt」を押しながらサイズを以下のように変更させます。

次に、下の方を伸ばしてあげます。お好みの長さになったら「Enter」もしくは上のツール上にある「○」を選択してください。

次に、下の方を伸ばしてあげます。お好みの長さになったら「Enter」もしくは上のツール上にある「○」を選択してください。

そしたら黒色の四角形の塗りを「10%」に設定します。写真の枠内に影を入れため調整しやすいように塗りを薄くします。

そしたら黒色の四角形の塗りを「10%」に設定します。写真の枠内に影を入れため調整しやすいように塗りを薄くします。

右下のツールの「レイヤースタイルを追加」を選択して「レイヤー効果」を選択します。

右下のツールの「レイヤースタイルを追加」を選択して「レイヤー効果」を選択します。

表示されたら左から「シャドウ(内側)」をチェックして「描画モード:乗算」・「不透明度:25%」・「包括光源を使用をチェックして、角度:120°」・「距離:20px」・「チョーク:0」・「サイズ:85px」に設定してOKを選択してください。(お好みの調整で構いません)
 
※OKを選択したら先ほど、黒の四角形の塗りを「10%」から「100%」に戻しておいてください。

表示されたら左から「シャドウ(内側)」をチェックして「描画モード:乗算」・「不透明度:25%」・「包括光源を使用をチェックして、角度:120°」・「距離:20px」・「チョーク:0」・「サイズ:85px」に設定してOKを選択してください。(お好みの調整で構いません)

次に白の方の長方形を選択して「レイヤースタイルの追加」から「レイヤー効果」を選択してください。画面が表示されたら左から「ドロップアンドシャドウ」をチェックして「描画モード:乗算」・「不透明度:50%」・「包括光源をチェックせずに、角度:90°」・「距離:30px」・「スプレッド:0」・「サイズ:50px」と設定してOKを選択。(こちらもお好きなように設定してください。)

次に白の方の長方形を選択して「レイヤースタイルの追加」から「レイヤー効果」を選択してください。画面が表示されたら左から「ドロップアンドシャドウ」をチェックして「描画モード:乗算」・「不透明度:50%」・「包括光源をチェックせずに、角度:90°」・「距離:30px」・「スプレッド:0」・「サイ

最後に入れたい画像をPhotoshopの方に入れます。画像のサイズ調整したい場合は上のツールから「編集」の中の「自由変形」を選択すると写真のサイズの変更が可能です。

最後に入れたい画像をPhotoshopの方に入れます。画像のサイズ調整したい場合は上のツールから「編集」の中の「自由変形」を選択すると写真のサイズの変更が可能です。

適当な位置に配置させたら上のツールから「レイヤー」にある「クリッピングマスクの追加」を選択します。すると画像がポロライドの中に表示することができました。写真の位置等を変更したい場合はレイヤーの写真が選択されている状態でしたらドラッグ移動できます。

適当な位置に配置させたら上のツールから「レイヤー」にある「クリッピングマスクの追加」を選択します。すると画像がポロライドの中に表示することができました。写真の位置等を変更したい場合はレイヤーの写真が選択されている状態でしたらドラッグ移動できます。

以上ポロライド写真の作り方でした。

ポロライド写真をバラバラに

ではここからは以下の写真のようなテクニックをご紹介します。ポロライド写真の作り方は上の記事をお読みください。

photoshop:ポラロイド風写真の作り方&加工テクニックを紹介

作り方

作成したポロライド写真をこのように配置させます。複製させて以下のようにバラバラに配置させます。(複製の仕方はポロライド風のグループを選択して「command+J」を同時押し)

作成したポロライド写真をこのように配置させます。複製させて以下のようにバラバラに配置させます。

そしたらポロライド写真のコピーをまとめて選択して「command+G」を押してひとつのグループにします。

そしたらポロライド写真のコピーをまとめて選択して「command+G」を押してひとつのグループにします。

そしたら上の画像を選択して上のツールバーから「レイヤー」の「クリッピングマスクを追加」を選択してください。そうするとポロライド写真の中だけに画像が表示されたかと思います。

そしたら上の画像を選択して上のツールバーから「レイヤー」の「クリッピングマスクを追加」を選択してください。そうするとポロライド写真の中だけに画像が表示されたかと思います。

 
あとは背景に適当な画像を入れれば完成です。わからないこと等ありましたらコメント欄から受け付けているのでそちらからお願いします。最後までありがとうございました。

- 終わり -